スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教育ごほうこく♪vol.2


つづきです・・・

前座でおもちゃを作るつもりでしたが
急きょ後座になりました。
IMG_5852.jpg
こんな感じで、30分余りお勉強会をした後で、
作りました!『コロコロくん』です☆

IMG_0587.jpg
こんな感じで作った後は~

IMG_9765.jpg   IMG_6526.jpg   IMG_3660.jpg

「もう、どうにでもして~!」という感じで転がり続ける
コロコロくん。
久しぶりに作りましたが、製作者のママさん達が
みなさんお上手で、すんなりうまくいきました^^

はじめはもじもじしていたお友だちも、
最後の頃には、われ先に転がして、
作ったばかりのコロコロくんが破壊されてしまう場面も・・・^^;

まぁ、楽しければ いいです。。。



作り方を覚えた参加者さん、家でもっとつくってみる!
と張りきっておられました~。
なんぼでも作ってみてください!
壊れても、すぐ直せるのが手づくりおもちゃのいいところ!!

けっこう楽しんでいただけたようなので、
お店のおもちゃ会でもつくろ~かなぁ。。。

みなさんお疲れさまでした!



スポンサーサイト

家庭教育ごほうこく♪vol.1

11月27日(日)、郡山市ニコニコこども館の3F和室にて、
郡山家庭教育研究所さんの前座ならぬ後座で
手作りおもちゃ会を実施してきました。

思いのほか、Beans.のお客さまがご家族連れでご参加くださって、
今回の内容はさわりの部分でしたけれど、
今後、“パパさんズ”にもとっても興味深いおはなしになってくるので
ぜひぜひ、継続は難しくとも、時々参加をお勧めいたします。

なぜ私が家庭教育をオススメするかと言いますと、
お恥ずかしながら、数年前にわが子がチックになりまして、
その後には1時間に50回以上もトイレに通うという頻尿になりました。

いずれの原因もストレス。
しかも要因として考えられるのが、私達親の接し方だと気づいたのですが、
当時は子育てについての見聞が狭く、医者にいってももちろん治りませんでした。
反省・葛藤・落胆・不安・動揺の日々が数年間続きました。

頭ではわかっているのに、子どもの突発的な行動がいちいち目に飛び込んできては
気にかかって仕方のない日常に私自身も悶々としていたのを覚えています。

これでは子どもも自分もダメになると思っていたとき、
ある知人から教えられたのが郡山家庭教育研究所『ひまわりの会』でした。

ひまわりの会の大元は東京家庭教育研究所です。
創設者の故・小林謙策さんの紹介・家庭教育に至った経緯をお話しされるたびに
涙がでて止まらなくなります。(→こちら

核家族化が進み『子育てのノウハウや子どもへの接し方をだれに尋ねればいいのかわからない』
と言うパパやママは多いはず。
幼児虐待などで我が子を傷つけてしまう親のニュースを聞くたびに
みんなに家庭教育を学んで欲しい・・・と思うことも多々あります。

私が持つ『おもちゃ・子育てアドバイザー』の内容ともほぼ同様のお話が出てくることも多く、
毎回、再確認・再勉強の意味で参加させてもらっているのです。

子育て中ではない方もこれからの方も お孫さん育ての方々にもぜひぜひ
聞いてみて欲しい・・・私からもオススメの勉強会です。
聞いてすぐに実践に移すのは困難ですが、
知識として頭のなかに入れておくだけでも全然ちがいます。
なんというか、『あの時聞いたことはこういうことだったのか!』という
余裕が生まれるというのでしょうか・・。

ほんの少しでも子育てが楽しく、家庭生活がよりすばらしいものになりますように・・・。 

vol.2へ続きます^^




みんなちがってみんないい・・・

出会いはひょんなことから。

家庭教育とおもちゃ・子育てアドバイザー(遊びとしつけ)。
どちらかと言えば家庭教育との出会いの方が早かったかな~。

私が驚いたのは、双方相通ずるものがかなり大きかったこと。
まあ、どちらも子育て関連の内容だからまるっきり異なってはこまるけれど、
書物内の言い回しまで同じセリフがあったり、
なんというか、簡単に言うと考え方がほぼ同じという感じでした。

今まで学んできた中で、おもちゃコンサルタントの学習は、
大きく捉えるとおもちゃの歴史やおもちゃに対する知識を広げ、
「より良いおもちゃを多くの方々へお伝えしていきましょう」と言う、
いわば『おもちゃの伝道師』的な役割を担っていくのに対し、

おもちゃ・子育てアドバイザーは、
「生まれてすぐの赤ちゃんはすでに遊びたがっている・・・」からはじまって、
ディスカバリートイズのように良いおもちゃ(赤ちゃんのガラガラを含む)を
具体例を交えながら「どんな風に遊ぶことが大事なのか、
それが子どものしつけとどのように関わってくるのか・・・」と
掘り下げて学ぶことができ、

さらに家庭教育については、おもちゃとは直接的に関わることは少ないけれど、
「この時期はこんな言動をするから、こんな対応をしていくと
こどもが伸びていく」とか、
「家庭教育は生涯つづくものであるから、今からでもぜんぜん遅いことはない。
こんなふうに子育てすれば良かったのかと気づくことの方が大切」

と、話しを聴く度にチョット救われたり、『よしがんばろう!』と
力をもらえたりするんですね。

実際にもどれだけ助けられていることかわかりません。





それぞれやはり良い点があり、それぞれの学びにちがいがあり、
いいところをつまみ食いしながら、自分の糧にしていくことができれば良いのかな・・・と思い、
これからも学び続けたいなと思っています。




学んだことを現実に結びつけていけることが最も難しいことなんですけどね・・・。


勉強会開催しました!

先ほど、全国組織の家庭教育研究所・郡山支部『ひまわりの会』の勉強会が
Beans.となりのフリースペースにて開催されました。

今日は初開催ということで、『家庭教育とは??』という方たちのために
家庭教育の必要性や役割についてのお話しをしていただきました。

“赤ちゃんががお腹に宿る3ヶ月前からが家庭教育のはじまりであり
家庭教育には終わりがない”

生まれてから老年期まで、人生のすべてにおいて根底にあるものは家庭教育であること、

子どもを教育する最終責任は親にあり、家庭でなければできない教育があること、
さらにそれを知る必要があるのだということを学びました。

私も以前に聴講した内容であっても、再確認ができた有意義な時間でした。


子育てに関する不安や悩みなどを持つママさんたちも多く、
熱心にメモをとり、学ぶ姿が印象的でした。
 
終了後には、イロイロと質問・相談する姿が・・・。




常々思っていたことなのですが・・・

おもちゃ屋さんとして、ただ良いおもちゃをお勧めするだけでなく
ただ、にぎやかにおもちゃの広場やおもちゃ会などのイベントをするだけでもなく

本気で子育てに悩むおかあさんがいたら、一緒に悩んで一緒に模索して、
それでもおかあさんが答えを見つけられなければでき得る限りのアドバイスをチョコっとして、
「そうか!」とそのおかあさんに気づいてもらえるような。。。
そんな存在になりたいな~と思うんです・・・。

そんな夢のような・・・と思われるかもしれないけれど、
遊びかたを知らない親が、子どもに遊びを教えられるはずがなく、
核家族化がすすみ、育て方を知らない親が、子を育てている現状。

だから親は子どもに対してイライラしたり、
極端なケースでは、そのイライラが押さえきれずに爆発して虐待になってみたり、

一方、相手を尊重したり思いやる心が充分育まれなかった子どもが
友だちをいじめたりするんじゃないかな・・・と思うんです。

そんな昨今だからこそ家庭の中で、妻が夫を「おとうさんのおかげで・・・」と感謝すれば
夫も気持ちよく日々の仕事に出掛けることができて、
それを見ている子どもたちはそんな親を「すごい!」と思いながら育つし、
お互いにお互いを尊重しながら、家族愛・夫婦愛・親子愛が深まっていくのではないかなーと・・・。




現在、私も家庭教育を知ったことで、子どもを育てることについて考え・実践する日々です。

「最近、夫婦の会話が少ないな・・・。」と感じる方、ぜひ一度、家庭教育を知ってみませんか?


 <2月の家庭教育勉強会inBeans.>
  *日 時:2011年2月25日(金) 10:30~12:00頃(途中退席可)
  *参加費:無料
  *お子様とご一緒に参加できます(おやつなどは各自ご用意ください)
  ♪参加人数把握のため、Beans.まで電話・メールいただけるとありがたいです。
  

講演会・・・すごく勉強になりました

先日、須賀川にて開催された
東京家庭教育研究所  佐藤 カヨ先生の講演会は、
たくさんの勉強熱心なお母さんを中心に、
おとうさんやおじいちゃん・おばあちゃんまで
年齢も家庭内状況もさまざまな方々が聴講にいらしておられました。

『家庭教育には手遅れはない!』
『しつけとは、子どもの個性を信じて、認めて、引き出してあげること!』


という言葉からはじまり、
子どもの変化を期待する前に、

母親が変われば子どもも変わる=母子の心の結びつき

が大切なのだと、当たり前だけれどなかなか日常生活の中で改善できない点を、
具体的な例や、ときに笑いも交えながらお話しいただいたあっという間の時間でした。

今月、東京で養成講座を受講してきた、
『おもちゃ・子育てアドバイザー』の講義内容と重なる内容のお話しもあって、
全く異なる団体なのに、相通じるものがあるのはスゴイ!と感動するほど。


ママを待つ子どもたちも元気いっぱい!
汗をかきながら、グッドトイで大きい子も小さい子も一緒に楽しく遊んでくれていました^^

一番人気はやっぱりクネクネバーン。
じっくりタイプの子は、1時間とか平気でず~っとこれで遊べます。
てんとう虫のウィリーバグも大人気!
みんな、めずらしいおもちゃたちに触れて、イキイキとした表情を見せてくれました♪

家庭教育研究所のスタッフのみなさん、お疲れさまでした!
今回のような貴重な時間を与えていただけたこと、心から感謝しております。


Flashカレンダー
プロフィール

mameAYU

Author:mameAYU
福島県の郡山市にあるちっちゃな木のおもちゃ屋さん『Beans.』のblogです。
お店での出来事やおもちゃのこと、自分のことなど、気ままにかいてみようと思います。

最新記事
最新コメント
Countdown X'mas
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

Flashリバーシ
by mitti0
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールはこちらからどうぞ
みなさまの声を聞かせてください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。