スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日からWポイント始まります!

木のおもちゃBeans.では、明日から5日間Wポイント実施いたします。

また、5/3・4・5の3日間は“おもちゃドクター”も開催いたします!

壊れたおもちゃがありましたら、お気軽に木のおもちゃBeans.となりフリースペースまでお持ちください。

日 時:5月3日(月)・4日(火)・5日(水)  13:00~16:00まで


たくさんの方のご来店、お待ちしております!
スポンサーサイト

先日の手作りおもちゃ会&おはなし会

すっかりぬけてしまってました・・・。
おもちゃ会&おはなし会のアップを。

    2010_0420(001).jpg

                         2010_0420(008).jpg

今回のおもちゃ作りは、ゆらゆらゆれるモビールを手作りしたので、
チョット画像におさめるのがむずかしくて、おはなし会の様子だけ・・・。

モビールは、Beans.でしか一般販売していないであろう“小ビン(コルク栓付き)”を使って作る方あり、
ゾウさんのかたち、クルマのかたちなどなど・・・、
みなさん子どもさんに喜んでもらいたいと、一生懸命作りました!

普通の画用紙だと少し貧弱なので、
そこはチョットアレンジを加えて。

バランスをとるときや針金の加工に少しコツがいるけれど、
皆さんとっても上手に仕上がりましたよ^^

お見せできなくてざんねん・・・。


サンプルが数点、お店に展示してあります。
気になった方はご覧ください。


来月は5/25(火)を予定しています。
紙コップでロケットを作りますよ^^
中旬には子育てサークルさんからお誘いを受けて、そちらでも作ってきます♪

たくさんの方にお会いできるのが今から楽しみです!

お父さんに育児に参加してもらうための7か条~その5~

<その5>後味のいい夫婦ゲンカと朝晩の挨拶の習慣をつける

 子どもの前で夫婦ゲンカにならないように心がけていても、ついささいなことからケンカになることがあります。

 そんなとき、あとの対処をどのようにされていますか?
一週間も二週間も夫と口をきかないということはないでしょうか?
夫婦ゲンカは子どもにとって大迷惑です。

 大切なのはケンカをした後の反省。
「ゴメンナサイね。私も言いすぎちゃったわ」と謝れば、夫婦ゲンカも時にはいいでしょう。
要は、後に尾をひかずにいかに上手に仲直りできるかなのです。

 また、一日は挨拶で始まります。
朝の挨拶がさわやかなものなら、夫もその日一日を気持ちよく過ごせるでしょう。
夫婦が明るく挨拶を交わすことで、子どもたちも「お父さんとお母さんは、やっぱり仲がいいんだな」
と家庭のぬくもりを感じていくのです。

 

 この点については、夫婦ゲンカなんてしたことがないという家庭もあるでしょうから、
一概には言えませんが、ケンカした後ってなかなか素直になれないものですよね。
子どものケンカだってそう。
小さい頃は、「ごめんなさいでしょ?」と促すと素直に謝っていた子どもたちも、
歳が大きくなるにつれ、「なんで謝らなくちゃならないの?」の感情が強くなります。
これが大人ならなおさら、ムッとしてしばらく口をきかなくなっちゃうの、わかります・・・。

一応わが家は、結婚した当初に「ケンカしても次の朝には挨拶すること」って約束をしてたので、
なんとかクリアしておりますが・・・。内心はどうなんでしょうね~。


次回は、その6<子育てを楽しめる母親になる>です。

『子どもにまなぶ家庭教育』~お父さんに育児に参加してもらうための7か条~より抜粋

お父さんに育児に参加してもらうための7か条~その4~

<その4>夫の帰宅を喜べる妻になる
 いったん家を出た夫が必ず帰ってくるという保証はどこにもありません。
『一寸先は闇』という言葉があるように、もしかしたら交通事故に遭うかもしれないのです。 
 家族のために一生懸命働いている夫が、今日も無事に帰ってきてくれたと思えば、
感謝の気持ちもわき起こり、心をこめて『お帰りなさい』と言えるのではないでしょうか?
 母親のそんな姿が子どもにも反映するのです。
母親がどれだけ父親を思っているか、それが子どもの父親に対する見かたにつながっていくのです。 



 「ほんとうにそのとおりだな・・・。」とこの話しを聞いて思いました。
事故ってイツ起こるかわからないし、自分だってハプニングに巻き込まれないとも限らない・・・。
だからって、ネガティブに生きているわけではないけれど、
日々、後悔しない一日を過ごしたいものだと、歳を重ねるごとにそんな考えが浮かびます・・・。



次回は、その5<後味のいい夫婦ゲンカと朝晩の挨拶の習慣をつける>です。

『子どもにまなぶ家庭教育』~お父さんに育児に参加してもらうための7か条~より抜粋

お父さんに育児に参加してもらうための7か条~その3~

<その3>子どもの様子を夫に伝える
 子どもに夫の仕事ぶりを伝える一方、子どもたちの日常生活の様子を夫に伝えるのも、
良い父親になってもらうために忘れてはならないことです。
父親は、一般的に母親と比べて子どもと触れ合う時間が少ないので、子どもの様子をなかなかつかめません。
そのため、なかには一見、“子どもの対する愛情が薄いのではないか?”
と思うほど、子どもへの関心が低いお父さんも少なくないようです。

 しかし、これも妻次第で変わってくるのです。
例えば、「今日幼稚園でお絵かきが上手だって褒められたのよ。きっとあなたが器用だからあの子も似たのね」
と夫に子どものイキイキとした日常生活のひとコマを伝えてみましょう。
 
 間違っても子どもの様子を伝えるときに愚痴にならないこと。
ましてや良いことは自分似で悪いことは父親似にしてしまうなどもってのほかです。



 このテーマに関してはわが家は逆で、
私も仕事をしている上に子どもたちは休日を父親と過ごすことがほとんど。
子煩悩のわが家の夫は、子どもたちの様子を私以上に把握しているかも・・・。
 
 なので私の場合は、帰宅後「何して楽しんでたの??」とみんなに聞きまくってます^^
これが良いのか悪いのかは別として、この返事が帰ってこないときは『何かあったのかな?』
のバロメーターとして考えるとか、
反対に私が休みの日は、平日の日中の様子をなるべく帰宅後の夫に話すよう心がけることで
バランスをとっています(いるつもり?)。
 

次回は、その4<夫の帰宅を喜べる妻になる>です。

お父さんに育児に参加してもらうための7か条~その2~

<その2>夫の仕事ぶりを子どもに伝える
 子どもが自分なりの人生観や価値観を見出していく上で、父親はとても大きな影響力を持つものです。
特に現代は、子どもが父親の仕事ぶりをみながら育つような生活環境ではありません。
しかし、家庭内における父親の存在は、ますます薄くなっています。

 ふだん夫が家にいないことが多いなら、なおさら夫の仕事ぶりや子どもたちに対する父親の思いなどを
折りに触子どもたちに伝えてみてください。
妻が、父親と子どもの心のかけ橋になることによって、
子どもの心の中にお父さんに対する尊敬の念や愛情がより深く刻まれていくのです。
子どもたちの前では、「お父さんは一生懸命お仕事をしてえらいね。お父さんのおかげで今日もいい一日だったね。」
などと褒められる妻になりたいですね。



 昨今の家庭環境においては、「私だって働いているのに。」
という共働き家庭のお母さんもたくさんいらっしゃることと思います。
 でも、自分が働いているからこそ、“夫に育児に関心を持ってもらって協力してもらう”
そのために、夫は『良いおとうさん』であることを子どもたちに伝えていくことが結果、
自分にとってもプラスになるということなんですね。

 私もなるほど~と思い、すこ~しずつ実践できるよう発展途上の段階です^^
共感された方、よろしければ是非、お試しください。

次回は、その3です。

お父さんに育児に参加してもらうための7か条~その1~

昨年から、家庭教育についてチョット教えていただいておりまして、
先日参加した際に、とても良い内容のお話しだったので数日にわけて記してみたいと思います。


子育ては、夫と妻が協力し合ってするもの。
ところが『夫は仕事が忙しくて、ちっとも子育てに関心を持ってくれない』と思っている主婦が多いようです。
しかし実は、夫をより良い父親にするのは妻次第なのです。
その秘訣を一緒に考えてみましょう・・・。


<その1>お互いに信頼しし、話し合える夫婦である 
 子どもの目から見て、父親と母親が本当に仲が良く、お互いに信頼しあっていると感じたら、
その家庭では、特別に子育てに気を遣わなくても子どもはまっすぐに育っていくといいます。
ですから、夫に良い父親になってもらいたいと思うなら、まず妻のあなたが夫から信頼され、
愛される妻になること
です。
もし夫への不満の心があれば、それは夫にも伝わっているでしょう。
これでは信頼も話し合いもありません。

 人間は、つい自分の要求を先に通そうとしてしまいがちです。
特に夫婦となると相手に求めるばかりで、相手の気持ちを受け入れることを忘れがちになります。
その気持ちを切り替えて、まず、どうしたら夫に喜んでもらえるかを考えましょう。
そうすると、自然に夫の状態も見えてきて『お疲れね、本当にご苦労様』と、
ねぎらいの言葉も出てくるもの。
それでこそ、夫もあなたの言葉に耳を傾けてくれるはず。
 
夫婦の和はそこから生まれるのです。



次回はその2について記してみます。

雪?!?!?!

今朝、起きたら雪が降っていました。

ちょうど郡山はソメイヨシノが満開のはず・・・が、
昨日の強風ならぬ豪風と、今日未明からの雪で、
今年のお花見は『満開の桜の木の下で・・・』というわけにはいかないようです。

先週末は『3~5分咲き』でもう一息!といったところだっただけに、
うまくいかないものですね~。


それにしてもこの寒さ、なんとかならないものか!
4月も後半、もうじきゴールデンウィークになろうという時に、雪!
まるで2月のような気候です。

なかなかタイヤ交換ができない今年の春は、
三寒四温ではなく、春と初夏と冬が交互にやってきているみたい・・・。
大丈夫なんでしょうか?

地球の、子どもたちの未来が心配です・・・。

New ボイス朝日に掲載されました

昨夜から振り続いた季節はずれの雪。
夜が明けてみたら、15~20cmほども積もっていてビックリ!!
過去に類をみない、異常気象か???との話しも聞かれ、少し不安になってしまいますね・・・。



さて、先日の取材を受けて、昨日の朝日新聞協同組合発行紙『Newボイス朝日No.387』(2010.4.16号)に木のおもちゃBeans.のこと、さらに私のはなしなどが掲載されました。

さっそく、ご覧いただいた方々が春の雪で足元が悪いにもかかわらずご来店くださっております。
特に、昨日・今日はご遠方からもお越しくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

今回は私の話しをメインに掲載していただいたので、なんと活字の多いこと。
こちらも過去類をみない、一面ほぼ全ページ掲載に、私もビックリでした^^


ご来店くださるお客様、取材をしていただいたIさま、ボイス朝日編集部のOさま、
その他、お世話いただいた皆様にこころより感謝申しあげます。
ありがとうございました!




2010_0220.jpg

こちらはアイガミ。

以前にもご紹介したことがありましたが、5種類のパーツを駆使してパチリパチリと突起を5㎜ほどの穴にはめてつなげていくものです。

パーツはプラスチック製で、何度でも作り直しが可能^^

折り紙のように山折り谷折りができるのは、もちろん折り紙からヒントを得て作られた、カナダ生まれの構成キットだから。

先日、某こども新聞にて“クイズに答えてプレゼント!”と企画したら、さっそく応募いただきました^^

今週から、引換が始まりますが、『どんな小学生に届けられるのかなぁ』と今から楽しみです♪

店頭でもおためしができますので、お気軽にどうぞ!

入学式

明日は、郡山市立の小学校の入学式です。
他の地域でもたくさん入学式がおこなわれるようですね。

今日の春の雨もあがって、晴れ晴れと校門をくぐることができますように・・・。

実はわが家にもひとり、おります^^
親がいちばんドキドキの日になりそうですが、
元気にたのしい日々をおくってくれることを願うばかりです。

新入学のみなさん、おめでとうございます!



ちなみに、木のおもちゃBeans.は休まずに営業しております♪
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

端午の節句飾り

2010_0321.jpg
端午の節句まであと1ヶ月。
初節句のお祝いに、季節のインテリアにこんな鯉のぼりはいかがでしょう?

見事なまでに全てが木製。
鯉のぼり自体は風にそよぎませんが、一番上の部分はクルクル廻ります^^

2010_0321(002).jpg  2010_0321(003).jpg  2010_0321(004).jpg

画像は中くらいのサイズの『木製鯉のぼり 和』(17×10×h43cm)。
この他に『木製鯉のぼり 喜』(11.5×8×h30cm)、『木製鯉のぼり 絆』(19×10×h49cm)、
そして壁掛けタイプの『木製鯉のぼり 憩』(23×30×2.5cm)があります。
お値段は¥18,900~

お電話でのご注文も承り中です!
TEL:024-947-6411「木のおもちゃBeans.」までどうぞ。




Flashカレンダー
プロフィール

mameAYU

Author:mameAYU
福島県の郡山市にあるちっちゃな木のおもちゃ屋さん『Beans.』のblogです。
お店での出来事やおもちゃのこと、自分のことなど、気ままにかいてみようと思います。

最新記事
最新コメント
Countdown X'mas
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

Flashリバーシ
by mitti0
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールはこちらからどうぞ
みなさまの声を聞かせてください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。